まずは育毛剤の成分をチェックしよう!自分の症状改善につながりそうな成分は配合されていますか?

育毛剤の主な有効成分を確認


育毛剤であれば、どれを選んでケアしても良いという訳ではありません。まずは、どのような有効成分が配合されているかを、確認して選ぶ必要があります。育毛剤は商品によって含まれている有効成分が異なりますが、グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロール、センブリエキスといった成分が多く使われているようです。グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草という植物由来の成分で高い抗炎症作用を発揮します。酢酸トコフェロールはビタミンE誘導体のことで、毛細血管を拡張して血行を促す作用が特徴的な成分です。センブリエキスも酢酸トコフェロール同様、血行促進作用を発揮します。有効成分の効果を見極めて、自分に合った育毛剤を選ぶとより効率的に頭皮ケアができるのでおすすめです。

頭皮の状態などを踏まえて育毛剤を選ぶ

育毛剤は頭皮の状態を踏まえて、自分に合った有効成分が入っているものを選ぶのが大切です。例えば、冷え性やストレスを感じやすい生活で、頭皮の血行が悪く薄毛が引き起こされている場合は、血行促進作用の高い酢酸トコフェロールやセンブリエキスを配合した育毛剤でケアすると良いでしょう。皮脂分泌が多くて炎症が起こっている頭皮なら、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム配合の育毛剤がおすすめです。保湿作用の高いアミノ酸やコメヌカエキスなどは、乾燥した頭皮ケアに向いている成分です。逆に皮脂分泌が多く毛穴詰まりで、薄毛が引き起こされているなら、カシュウ、イオウといった天然成分、そしてビタミンB群といった成分を含んだ育毛剤でのケアで、皮脂分泌をコントロールすることができます。自